邦画・洋画上映中や過去作品人気Ranking公開!加賀祐介

絶対観て欲しい、映画・過去作・放映中のおすすめ映画を公開中!アクション映画・感動映画まで幅広く紹介!放映中の映画館なども掲載中。掲載人:加賀祐介

THE BATMAN-ザ・バットマン-

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」のダウンロード販売が6月15日、デジタルレンタル配信と4K UHD、Blu-ray、DVDの発売が7月6日からに決定。

THE BATMAN-ザ・バットマン-

UHD BD+BDセットは8,980円、BD+DVDセットは5,980円。

映画の内容は、バットマンとなって2年目のブルースが、悪を制することを決めたものの、史上最狂の知能犯リドラーによって、彼にまつわる隠された嘘が暴かれ、追い詰められて狂気に変貌していく謎解きサスペンス・アクションとなっており、カーマイン・ファルコン、リドラーキャットウーマンと魅力的なヴィランも続々登場する映画になっています。

バットマンブルース・ウェイン役には、ロバート・パティンソン

さらにキャストにはコリン・ファレルポール・ダノゾーイ・クラヴィッツらが脇を固めるほか、日本語吹替版には、櫻井孝宏、ファイルーズあい、石田彰金田明夫ら豪華声優陣が集結。

監督は、クローバーフィールド/HAKAISHA(2008)や猿の惑星:新世紀(2014)、猿の惑星:聖戦記(2017)で知られる監督マット・リーヴス

若くて未熟で感情的で自分をコントロールできない人間味のあるブルース・ウェインが、ヒーローとして成長していく姿を描く。

銀座シネパトス復活映画祭

2013年3月31日に閉館した映画館「銀座シネパトス」の名を冠した「銀座シネパトス復活映画祭」Vol.1が5月20日~6月2日、東京・池袋HUMAXシネマズで開催されるのだそうです。

シネパトス

銀座シネパトスは、1967年に銀座三原橋地下街に「銀座地球座」、翌68年には「銀座名画座」として開館し、88年に「銀座シネパトス1・2・3」と名称を変え、3000本以上の作品を上映するなど銀座唯一の名画座として親しまれていたのですが、三原橋地下街の耐震性の問題により取り壊しが決まったのですが、映画評論家の樋口尚文氏が私費を投じて同館でのオールロケ、秋吉久美子染谷将太主演による「インターミッション」を最終上映作品として製作し、好評を博し、最終営業日となった13年3月31日には、閉館を惜しむ映画ファン約2000人が同館を訪れ、13年間にわたり同館支配人を務めた鈴木伸英氏は、マイクを持って行列を整理するなど陣頭指揮をとり、最後の挨拶では感極まって号泣していましたね。

閉館から9年が経った22年、シネパトスの精神が「銀座シネパトス復活映画祭」として蘇るようで、シネコン全盛のなか「ここでしか上映しない」「喜怒哀楽を刺激する」作品を、映画ファンに定期的に届けていくのだそうで、Vol.1として、同館をイメージしやすい4作品がチョイスされています。

日本最終上映のねずみ大作と称し「ウイラード」(71)と「ベン」(72)をピックアップ、パトスの立地を彷彿させる傑作として「パラサイト半地下の家族」を上映するようで、さらに、タイトルを聞けば同館を思い出すシークレット作品を調整中なのだそうですよ。

「シン・ウルトラマン」が2021年初夏に公開

企画・脚本に庵野秀明、監督樋口真嗣による映画「シン・ウルトラマン」の公開日が、2021年初夏に決定したのだそうです。

どうやらこのウルトラマン、映画「シン・ゴジラ」が初代ゴジラ(1954年)の現代社会での再構築であったように、放送開始当時初めてテレビでウルトラマンを目撃した時と同様の衝撃を再びもたらすことを目指すのだそうで、「様々な言葉の意味を持ちうる『シン』の言葉を冠にした新たなプロジェクトが、遂に2021年初夏にベールを脱ぐ」というのだそうですよ。

シン・ウルトラマン
シン・ウルトラマン

ヴィジュアルを見ると、ちょっとホラーな感じがして怖いですよね・・・。

このウルトラマンのデザインは、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などで実質的な美術総監督として今に続く「ウルトラマンシリーズ」の世界観構築に大きな功績を残した成田亨が1983年に描かれた絵画「真実と正義と美の化身」がコンセプトとなっているようで、どうりでちょっと昭和な感じがするわけですね。

個人的には「座敷女」を思い出してしまいました。

座敷女
座敷女

オンライン映画祭「We Are One」

世界各国の映画祭とYouTubeが実施するオンライン映画祭「We Are One:A Global Film Festival」のプログラムが発表されましたね。

f:id:entamekaga:20200527094153j:plain
WEARETHEONE

この「We Are One:A Global Film Festival」は、映画製作会社「トライベッカ・エンタープライズ」とYouTubeが、4月27日に共同で開催を発表したデジタル映画祭で、5月29日から6月7日に「YouTube.com」「We Are One」のプラットフォームで、世界各国21の映画祭のプログラムを無料で公開することになっています。

なんとなんと100を超える作品が披露される予定となっているようで、そのうちワールドプレミアは13本、オンラインプレミアは31本、国際的なオンラインプレミアが5本!!

35カ国以上からさまざまな作品が選定され、長編はフィクションが23作品、ドキュメンタリーが8作品、短編はフィクションが57作品、ドキュメンタリーが15作品となっており、トーク映像は、アーカイブ15本に加え、4本が映画祭限定で公開されるうえ、さらに5つのVRプログラミング作品も披露されるのだとか。

注目作品は、ナターシャ・リオンLL・クール・Jのインタビューを交えながら伝説的写真家リッキー・パウエルについて考察するドキュメンタリー「Ricky Powell:The Individualist」、ムンバイ映画祭のGolden Gate Awardを受賞した「Eeb Allay Ooo!」、中国の伝説的なバレーボール選手ジェニー・ラン・ピンのドキュメンタリー「Iron Hammer」。そのほか、バンド「サード・アイ・ブラインド」に迫る短編ドキュメンタリー「Motorcycle Drive By」、ドリームワークス・アニメーションの初短編作品「Bilby,Marooned」「Bird Karma」などが披露されるようです。

トークでは、フランシス・フォード・コッポラスティーブン・ソダーバーグソン・ガンホポン・ジュノギレルモ・デル・トロジェーン・カンピオン、クレール・ドニが登場するようで、これはなかなか例を見ない映画祭となりそうですよね。

VR作品には、エミー賞にノミネートされたドキュメンタリー「Traveling While Black」、ビル・スカルスガルド主演のSF「Atlas V」に加え、ジョン・レジェンドオプラ・ウィンフリールピタ・ニョンゴが参加した作品を上映予定となっており、クエストラブのDJセットなど特別な音楽パフォーマンスも楽しめるのだとか。